時々、いや頻繁に登場する🤖・🏈・📖のやり取りは何ですか?

読書・雑記・書店員お役立ち

文章を頭の中で考えていると、気付くと自分の中での対話になっていることがよくあります。

話し手がいて、聞き手がいる、しかしそれはすべて一人でやっている。だが成果物は対話調になっている。

プラトンなんか読むとこういう語りで話が進んでゆきますよね。

僕自身がそういうものが好きであるし、書店員のお仕事を説明するのに寸劇のがいいかな?

なんて、考えているからしばしば登場するのです。

YouTubeでもゆっくり魔理沙が説明してるではないですか。あれと同じです。

ただ、アイコンが環境依存であることは誤算でした。主人公であるメカ書店員のアイコンが

🤖これでは、戦隊ものの戦闘員みたいな感じではないか、、しかし、これでやってゆくより他ありませんね。

寸劇の舞台はこんな感じ

舞台は東京都内の比較的大きな書店です。取り扱いジャンルはほぼすべて。ひょっとしたら、幾つかのフロアに分かれているのかもしれません。出版社営業さんよりDMでぜひ行ってみたい、お目にかかりたいとメッセージがありましたが、実在?仮想?も含めて探さないでください。

🤖 メカ書店員。「メカさん」とか「メカちゃん」と呼ばれています。幾つかの店舗・本部を経て再び旗艦店に。一時地方の店舗に左遷させられていた経験もあり。一応係長のようです。今年は新人教育兼実用書全般を担当。趣味はサウナ。好きな油は少し塩を振ったゴマ油。書籍へのAI(アイ)で動いている。

📖達人さん。メカ書店員より少し年上のようです。妙齢の女性。幽遊白書の玄海みたいな感じです。旗艦店を渡り歩いていてそろそろ異動もささやかれる6年目だが、あらゆる手を使って残留しているようです。副店長としてフロア全体統括しています。得意は洋書・芸術書・医書。少々キツイが、それがいいのです。メカ書店員のことを舎弟だと思っている。古典的な書店員の作法を重んじる。実は中途入社。

🏈通称ベ〇マックス。新入社員。ガタイがいいのでベ〇マックス。いやっ、〇入れないと、D社がうるさいでしょ。教員を目指して大学に進学したものの、教育実習で挫折。そこで、何が好きなのか考えたところ、本なら好きだよなと思いついて就活したら、合格して入社。都内で一人暮らし。

🎭ダークQ。達人さんの同期で、現在地方の店舗に勤務中。そのうち登場の予定。悪い人ではないです。心優しきアンドロイド。ちなみにダークQの元ネタはこんな感じです。https://youtu.be/pxDfEQJPWhY

今後の予定

🏈ベ〇マックスへの新人教育をもとに書店のお仕事講座。

📖達人さんの知見から書店繁盛への道

🎭ダークQによる、地方店の戦い方

要所要所に主人公である🤖メカ書店員が登場して、適当に合いの手をいれる。

そんな寸劇ツイートを考えています。

ひょっとしたら、話の展開上。登場人物が増えてくるかもしれません。

気まぐれと勢いなTwitter・ブログですが、ご愛顧のほどお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました