読んでみた!

書店繁盛への道

本を売る技術 書店員によって鍛えられるべき1冊

名作と呼ばれる書籍は読者によって解釈や批評が加えられるものです。「本を売る技術」これを読んだからといって、売上がすぐに上がるわけではないですが、他の考え方に触れることで自分のやり方に対して客観的になれるのです。そういう意味で、書店員はこの本の存在を大切にするべきと考えるのです。
読んでみた!

サウナは必ず「ととのう」のだろうか?正しいサウナ体験のための書籍案内

「ととのう」という体感がベースになった言葉が独り歩きしているところに、この流行の面白さがあります。「ととのう」簡単に言えば、一連のサウナ・水風呂・外気浴によって作り出された興奮と冷静が共立した状態です。ただし体感なのでなかなかそこまで至れないことのが多いのです。この体感ベースの流行は興味深いものです。
読んでみた!

『書店員あるある』 ある、あるある本の派生形の物語

本の紹介 著書-書店員あるある研究会とは あるある本の歴史 『書店員あるある』その中身は
読んでみた!

みんなで乗ろう みうらじゅんの肩 書店員ラブの結晶「超発掘本!」を読んでみた。

1年以上前に出版された本から選ばれる。本屋大賞発掘部門で栄えある、超発掘本として発見された。「ない仕事」の作り方。1年経っても書店員から愛でられるって、なかなかないですよ。小説ばかりのイメージが本屋大賞にありますが、だからこそ推したい本です。
タイトルとURLをコピーしました