書店員が教える。書店のポイントカードどこが一番還元率がいいの? 2021年-最新版

読書・雑記・書店員お役立ち

各社いろいろ出しているポイントカード。どこが一番還元率がいいのか?調べてみました。

現在200円で1ポイントが主流のようですが、もっと良い所が見つかりました。

もちろん、ポイントが良くなる分、多少の制約は出ますが、純粋にリアル書店でお買い物をするという前提で調べました。

なお、2021年4月調べです。その後サービスが変更されることもあるのでご容赦ください。

また、電子決済の場合、Dカード・楽天カード・ポンタ等でポイントの二重取りも出来るところが多いですが、ここでは純粋に書店のポイントカードでの還元率で考えました。

結論から言っちゃいます。 オススメはブックファースト新宿店ポイントカード 条件ありですが100円税抜=3ポイント

土日祝日で、ブックファースト新宿店のみの利用。が条件ですが

100円税抜で3ポイントつきます。(他の平日は100円税抜で1ポイント)

なかなか3%還元させるとは勇気いりますよね(本部目線)。

本の利益が22~25%として、利益の12~13%をポイント還元に振り向けるとは!

そこまでして、新宿紀伊国屋書店に一矢報いたい気概を感じます。

ただし、ブックファースト新宿店のみのサービスで、100円税抜で3ポイントとは土日祝日での利用です。

ブックファースト新宿店はブックファーストでも旗艦店。品揃え豊富なので、本を沢山買う方はこちらの入会を検討してみてはどうでしょうか。

新宿西口の書店ブックファースト新宿店|カフェ&ギャラリー
新宿西口最大の書店「ブックファースト新宿...

紀伊国屋ポイントカード 業界最高水準の100円税抜=1ポイント

業界の雄。紀伊国屋書店。業界最高水準の100円税抜=1ポイント。

これは、曜日の制約はありません。紀伊国屋書店全店舗同じ条件です。

業界最高水準といいますが、他のチェーンが100円税抜で1ポイントを200円税抜でに1ポイントにこぞって改悪した結果ともいえます。

他のチェーンがポイント2倍キャンペーン!なんて謳っても。2倍でようやく紀伊国屋と同等ということです。(ここ重要です)

平日も含んで、いつでも100円税抜=1ポイントは、王者の余裕ですね。

店舗も在庫も豊富だ。隙がないな。

利益の4~4.5%をポイント還元しているということです。

さらに、時々ポイント2倍キャンペーンもやっていますので見逃せませんね。(利益の8~9%をポイント還元)

紀伊國屋ポイントカード
紀伊國屋書店 - 本の「今」に会いに行こう

くまざわ書店も 100円税抜=1ポイント(現金・図書カードのみ)

紀伊国屋書店とならんで100円税抜=1ポイントでやっているのが、コーチャンフォーと宮脇書店、くまざわ書店

紀伊国屋書店とならんで100円税抜=1ポイントでやっているのが、コーチャンフォーと宮脇書店、くまざわ書店、アニメイトです。

特に注目は、くまざわ書店。

全国展開している上に、ポイント2倍3倍5倍キャンペーンを時々打っています。

5倍なんて、利益の20~22.5%をポイント還元しているということです。

一体どこを潰したくてそこまで血を流すのでしょうか?(本部目線)

ただし、現金・図書カードでの購入限定。使い方が500ポイント溜まってから商品券に変える式なので、制約は多いです。

500ポイント溜めるのに、通常5万円の購入が必要です。

仮にポイント2倍の日を狙ったとしても、2万5千円

稀に存在するポイント5倍の日に集中したとしても、1万円の購入が必要です。

しかも、ポイントの有効期限は発生してから6か月後の月末までです。

くまざわ書店は最低限がそろった気の利いた書店です。が、決して何でもそろう書店ではありません、高額専門書には弱い印象あります。

稀に行う5倍はやりすぎなくらい美味しく感じますが。

半年で数万円単位で書籍を買うのであればいいのですが、失効狙いの制度設計に感じられます。

200円税抜=1ポイント これが業界では平均

2014年7月5日にファミマTカードが100円税抜=1ポイントであったのを、200円税抜=1ポイントに改悪しました。

それ以降、雪崩打ったように200円税抜=1ポイントへと、各社改悪をしていった印象を僕は持っています。

多少サービスの内容に違いはありますが、200円税抜=1ポイントの書店は

三省堂書店・丸善・ジュンク堂・文教堂・リブロ・TSUTAYA・未来屋・アシーネ

主要なところがこの水準です。

細かく見れば、三省堂書店はカードを忘れても後付けできる「ポイント加算券」の発行があります。

丸善、ジュンク堂、文教堂(この3社はHontoカード)はリアル書店・書店通販・電子書籍それぞれで1,000円以上お買い上げで翌月ポイント4倍(200円税抜=4ポイント) また、リアル店舗で土曜日はポイント2倍をやっています。

などなど、工夫次第で還元率がアップしますが。基本200円税抜=1ポイントと理解しておけばいいでしょう。

リアル書店とあわせて使うとお得になるHonto情報についてはこちらからどうぞ。

電子書籍ストア - デジタル漫画・コミック購入ならhonto - 無料・試し読みも
電子書籍なら国内最大級のhontoで!文芸書、ビジネス書、コミックを中心とした電子書籍を豊富にご提供します。書店で使えるhontoポイントも貯まる。試し読みや無料ダウンロードコンテンツも充実。ドコモAndroid端末はSPモード対応。

期間限定ではあるが、TSUTAYAの10倍キャンペーンは美味しいが・・・

TSUTAYAですが、時々、決算が近いのか?売り上げが欲しいのか?

5冊以上お買い上げでポイント10倍キャンペーンを打つことがあります。

品揃えの部分では、紀伊国屋書店・ブックファースト新宿店に及ばないこともありますが、

200円=10ポイントとなると。利益の20~22%をポイント還元。

ここまで読むと、TSUTAYAやるじゃん。くまざわ書店級!なのですが。

10倍といっても、9倍分は期間固定Tポイントであることが多いです。

期間固定Tポイントは用途が一部の提携先(大抵ポイントを付与された所)に固定され、しかも有効期限が60日間(TSUTAYAの場合)となっているのです。

仮に2,000円(本体)の本を買ったとして。ポイント10倍キャンペーンとして100ポイントGETしたとしても

  • 通常のTポイント10ポイント 
  • 期間固定ポイントが90ポイント(有効期限が60日で、TSUTAYAでしか使えない)

という、変則的な獲得になっているのです。

頻繁にTSUTAYAに行きポイントを使っている人にとってはお得ですが、

ポイントはいつか、ドカン!と使いたい漢にはこの、期間固定ポイントの仕組みに気付かないと知らず失効し損をしてしまうのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

期間固定Tポイント|Tサイト [Tポイント/Tカード]
期間固定Tポイントとは、通常のTポイントとは異なり、ポイント毎に「有効期限」と 「利用先」が限られているポイントで、指定された「Tポイント提携先」に限りポイ ントの利用が可能です。主にキャンペーンなどで付与されます。

・・・くまざわ書店、TSUTAYAともに、、利益の20~22%もポイント還元は出血大サービスのように見えて、制約の多く

・・・正直なところ、出血サービスを釣り文句にしながら、失効を期待している制度設計にしているのだと思います。

オススメはブックファースト新宿店カードを土日祝日に使うと冒頭に案内しましたが、

  • ポイントの期限が短かったり、失効の可能性がある
  • 使うためには一定ポイント貯めなければならない
  • クレジットカードではダメ

といった細かな決めにストレスを感じないままに使えるのが。

ブックファースト新宿店カードを土日祝日に使うなのです。

まとめ ポイント競争の果てに

顧客の囲い込み施策としてはじまったポイントカード。

どこのライバル書店もはじめるものだから、やっているだけで、本来の目的であるお客様の分析が出来ているかというと怪しい所があります。

データマーケティングができていれば、ここまで書店業は疲弊しないでしょう。

いろいろポイントカードがある中で、Tカードは様々なアライアンスを組むことで大いに成功しました。

しかしそのTカードも近年のQR決済競争では有効な手を打てていないです。

ひょっとしたら、起死回生にペイペイさんのように30%還元とかやるかも、なんて無責任な期待はありますが、やったとしても効果は一時的なものに留まるでしょう。

Tマネーという、何それ?感のある電子マネーがリリースされた時、購入金額の10%が還元されたのですが、今は昔です。

コスパがいいのが正義。還元率がいいのが正義。そりゃ、安ければいいし。皆さんの懐事情もあるでしょう。

けれども、この還元の原資は書店からです。

持続可能な書店経営を考えると100円税抜=1ポイントを放棄して200円税抜=1ポイントに雪崩打った気持ちが分かります。

正直100円税抜=1ポイント(利益の4~4.5%をポイント還元)を超えてくると苦しいものがあります。

コスパやお得情報の伝播がSNSや情報技術によって早くなってしまった今。

過剰なポイント競争は結果業界の首を絞めるものではないでしょうか。

じつは、有名チェーンでハウスカードとしてのポイントカードを導入していないところがあります。

有隣堂です。

商業施設共通のポイントカードやDポイントカードでポイントはありますが、ハウスカードとして有隣堂のポイントカードは存在しません。

あえて乗らないという、選択もまた僕は有りだと思うのです。

その代わりなのか。有隣堂は丁寧にブックカバーをします。この有隣堂の姿勢には清々しいものを感じますが、皆さまはいかがでしょうか。

応援したい書店が無くならないように、そこで買うのがいちばんなのかもしれません。

今日はここまで

お読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました