2021-06

書店繁盛への道

書店は新たな顧客を創造できるか 希望の書店外商

書店員は自分の棚の売上、冊数には敏感ですが、だれが何を売ったか鈍感です。そこが問題。店舗だけではなく、お客様に飛び込む、法人を開拓する。本の新しい価値を提案する。売上が厳しいことを口にする前に、いかに多く買ってもらえるか、本を通じた新たな提案ができるか、その柔軟性が求められていると強く感じるのです。
書店繁盛への道

書店外商って何をしているの?知られざる書店外商の世界

書店外商はよく求人している。しかも正社員で。書店ならなんでもいい!なんてつい応募してくなりますが、じつはルート営業みたいな仕事です。 大学教科書のデジタル化が進展しているせいか、最近この部門、一部書店では業績がいいです。 電子プラットフォームを作って総取りがされているのです。
書店繁盛への道

書店員なら高級ボールペンを使いましょう どうして同一機能なのに高額なものが存在し売れるのか

ボールペンから考えた高級商材についてです。書籍は薄利多売をやりがちですが、高級本も存在しています。日々売れるわけではありませんが、上客を見つけることができる、省スペースで売上をつくることができる、ネットよりも実物がみたいとお客様のニーズをとらえることができる。そんな腕試しが高級商材でできると考えるのです。
読書・雑記・書店員お役立ち

書店の中途採用求人を探して正社員なろう

メカ書店員は中途採用で書店の正社員になりました。そんな経歴から、アルバイト下積みで何年も過ごすよりも、ある程度経験積んだらキャリアアップとして他書店の中途採用を受けた方がいいと考えるのです。年収もよくなりますし。なんとなくバイトを続けるより目的をもって働くことができるのです。
書店繁盛への道

本を売る技術 書店員によって鍛えられるべき1冊

名作と呼ばれる書籍は読者によって解釈や批評が加えられるものです。「本を売る技術」これを読んだからといって、売上がすぐに上がるわけではないですが、他の考え方に触れることで自分のやり方に対して客観的になれるのです。そういう意味で、書店員はこの本の存在を大切にするべきと考えるのです。
読書・雑記・書店員お役立ち

新社会人。ボーナス何に使う?未納の年金でしょ。税金が4万円返ってきます。

リターンされるパーセントは20%。未納分の年金を支払うと全額社会保険控除となります。将来のための貯金とかに比べてはるかの良い使い道ではないでしょうか?メカ書店員が必ず新入社員に言っている事です。
読書・雑記・書店員お役立ち

書店員が考えるkindle 活用術 一般の方はもちろん、書店員こそkindleに親しもう

情報を安価に得る。どこでも読書ができるという意味で、kindleは便利です。しかし、書店員はAmazonへの敵対心から、電子勢を意識したがりません。それでは時代遅れになって取り残されてしまいませんか?書店員こそkindleを使いこなすべきだと考えるのです。
タイトルとURLをコピーしました